WILD LIFE TAILOR – Suvin Cotton H/S Pocket TEE

phonto (1).jpeg
着たことが無い人は絶対にいないし、今後も必ず買い足していくであろうアイテムTシャツ。
アイテムの特性上、着心地や肌触りを考えると滑りの良いものが良いし、ヘビーに使う事を考えたら丈夫な方が良いのは自明の理です。
今回ご紹介するTシャツはその難しい2つ命題をクリアしたコダワリの一枚です。

まず素肌に着ることの多いアイテム特性を考ると、”良い着心地”に対しての一つの回答は、シルクの様な肌触りの実現ではないでしょうか?
一般的に着心地とは肌にざらつかない滑らかな触感に他なりません
天然素材におけるざらつきの原因は糸自体にある節であり、節が無いものが肌触りが良いという事になります。
コットンの糸は綿花を紡いで出来るわけですが、繊維と繊維のつなぎ目が節になります。
つまり綿花の繊維が長くなれば長くなるほどつなぎ目が減り、糸に節が少なくなります。
いわゆる繊維が長い”超長綿”と呼ばれるモノが最適なのです。

IMG_4722.jpeg
IMG_4723.jpeg
今回採用したスビンコットンは世界最大の綿花栽培国インドが世界に誇る希少性の高い綿であり、あの繊維の宝石と呼ばれる超長綿、ジョンスメドレーでおなじみのシーアイランドコットンより長く、世界一の長さを誇ります。
その繊維の長さは簡単には育たず、長い期間をかけて育成することで強く細く長い繊維を成長させます
さらにスビンコットンは育成条件が厳しく南インドの一部でしか栽培できないと言われています。
インドはサイクロンや干ばつなど自然災害の発生率が高く、育成に長い期間がかかると当然災害リスクが高くなってしまう為、必然的に超高級糸となります。
しかし高級かどうかは問題ではなく、”毎日着るアイテムこそ着心地の良いものを”というコンセプトのもと、この極細糸を手間を惜しまず度を詰めて編み生地の密度を高め、厚くハリがありながらもシルクの様な滑らかな生地を作成いたしました。

シルエットはたっぷりとした身幅とドロップした肩、大人のゆとりを演出し、肩張らずリラックスして着て欲しいという願いを込めました。
ボックスの様な広い身幅を薄い生地で作ってしまうと身体のラインが浮き出てしまいますが、このハリのある透け感のない生地ではその心配がありません。
裾を少しだけ絞ぼることでダラしなく見えず、着回しやすいアイテムになります。

着込むほどに柔らかく体になじむ超高級スビンコットンのTシャツを是非お試しください。

IMG_4699.jpeg
IMG_4694.jpeg

WILD LIFE TAILOR – Suvin Cotton H/S Pocket TEE
Col. Black /Charcoal /White

□WILD LIFE TAILOR ONLINE STORE 

http://www.jadore-jun.jp/products/list.php?brand_id=10511&sub_brand_id=10506



□Adam et Rope  WILD LIFE TAILOR EBISU

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-32-12

TEL03-5728-6320 OPEN:11:00-20:00

STAFFOUTFIT:http://spinoza.jadore-jun.jp/adametrope/wildlifetailor?shop_code=101696GA



□Adam et Rope  WILD LIFE TAILOR MARUNOUCHI

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-2-3 丸の内仲通りビル1F

TEL03-5220-5600 OPEN:11:00-20:00

STAFFOUTFIT:http://spinoza.jadore-jun.jp/adametrope/wildlifetailor?shop_code=101294GA



□Adam et Rope  WILD LIFE TAILOR SAPPORO STELLAR PLACE

〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西2-5 札幌ステラプレイスイースト2F

TEL011-209-5466 OPEN:10:00-21:00

STAFFOUTFIT:http://spinoza.jadore-jun.jp/adametrope/wildlifetailor?shop_code=108399GA

2021年4月15日 Category : ITEMPAGE TOP